13 April 2019
焦げ付かないフライパン/フレーバーストーンでキムチチャーハンを作ってみた

フレーバーストーンでチャーハン

焦げ付かないフライパンとして評判の高いフレーバーストーンを手に入れたので、キムチチャーハンを作ってみました。

本当に焦げ付かないのかな?フライパンの熱伝導率は良い?

など気になるところを試してみました。

今までのフライパンと比較して使いやすいかどうかチェックです。

▼焦げ付かないフライパン/フレーバーストーン!焼く、煮る、炒める、蒸す、この1台で可能!オーブン料理も得意

▼焦げ付かない便利なフライパン!お洒落で可愛い

フレーバーストーン ダイヤモンドエディション

焦げ付かないフライパンと評判のフレーバーストン

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミ

フレーバーストーンを初めて知ったのは、展示会で卵焼きを焼いているのを見たときでした。

薄焼き卵を焼いて、ふっと吹き飛ばす実演を見て

おお、これはすごい!

と思いました。

フレーバーストーンが焦げ付かないのは、ダイヤモンド粒子を含むコーティングが施されているからです。

そして金属のヘラで50万回こすっても傷が付かないという強度な耐久性を持っています。

そのため、焦げ付かない機能が何年使っても衰えることはありません。

ほんとかな?と思ったのですが、実際に使っている人(ダイレクトテレショップの社員さん)の話を聞いてみると、2~3年ぐらいは問題なく使えるようです。

フレーバーストーンダイヤモンドエディションを実際に使った感想や巷の口コミ検証!
以前薄焼き卵を吹き飛ばす実演を見てから、なんて素晴らしいフライパン!と一目置いていたフレーバーストーンダイヤモンドエディション。幸運なことにモニターの機会がありましたので、巷に溢れる口コミや評判の真偽のほどは?と検証してみました。私自身の使った感想もしっかりまとめましたので、ご検討中の方は是非参考にしてみてくださいね。

チーズも目玉焼きも焦げ付かない

これはフレーバーストーンの展示会に行った時に見せてもらったのですが、実際に油を使わずに食材を焼いても全く焦げ付かずフライパンを傾けるとするすると動きます。

例えば、焦げ付いたチーズ。

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミ

フライパンにへばりついてお掃除が大変そうですが、お水を入れるとなんと浮き上がってくるのです。

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミ

またこちらは目玉焼き。

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミ

油をしかずに焼いたのですが、フライパンの上をするすると滑ります。

焦げつかないフライパンって料理してて気持ちが良いね

フレーバーストーンのフライパンでキムチチャーハンを作ってみた

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミ

フレーバーストーンのフライパン(ソテーパン)を使ってキムチチャーハンを作ってみました。

お昼ご飯にささっとできるチャーハンは我が家でもかなり多く登場するメニューです。

フレーバストームを使うと卵などがこびりつかないのか、ワクワクしながら試してみました。

キムチチャーハンの材料

ねぎ1本/卵2個/ご飯3杯分/キムチ/醤油/ごま油/マヨネーズ

ネギを刻んで炒める

フレーバーストンのチャーハンレシピ

まずはネギを刻んで炒めます。

ごま油を加えようかなと思ったのですが、油を使わなくても炒められるフレーバーストーンをせっかく使っているので、あえてごま油を使わずに炒めてみました。

ネギは少し焦がすと香ばしいので、フライパンを弱火で放置し焦がしてみました。

ネギを焦がすとフライパンにこびりついて大変なのですが、フレイバーストーンはあまりくっつくことがなく良い感じの焦げ具合になっていました。

ご飯を入れて炒める

フレーバーストンのチャーハンレシピ

マヨネーズを少し加え、その上にご飯を入れて炒めます。

ご飯の上からキムチを入れて、さらに混ぜます。

フレーバーストンのチャーハンレシピ

卵を入れる

フレーバーストンのチャーハンレシピ

フライパンの中央に隙間を作って卵を入れます。

私が普段使っているフライパンは卵が結構こびりついてしまうのですが、フレーバーストーンはこびりつくことなく快適でした。

気分が良いですね。

せっかくなので、石焼ビビンバ風に、ご飯に焦げ目をつけようとしばらく弱火でチャーハンを放置してみました。

少しだけ焦げ目がついてパリッとしました。

フレーバーストンのチャーハンレシピ

完成

フレーバーストンのチャーハンレシピ

完成です!!!

チャーハンはお手軽に出来るのが良いですね。

フレーバーストーンの赤色が食欲をそそります。

仕上げに少しごま油をかけます。

いただきまーす

フレーバーストンのチャーハンレシピ

フレーバーストーンでキムチチャーハンを作ってみた感想

フレーバーストンのチャーハンレシピ

焦げないフライパン、フレーバーストーンを使ってキムチチャーハンを作ってみた感想をまとめてみました。

わざとネギを焦がしたがフライパンに焦げ付かなかった

香りをつけるために、わざとネギを焦がしてみましたが、フライパンにこびりつくことはありませんでした。

もちろん焦げた部分が少しフライパンに残りますが、スポンジでひと拭きすれば落ちる程度です。

今までのフライパンだと、焦げ付いてしまうとスポンジでゴシゴシこすったり、重曹パウダーを利用したりと大変でしたが、フレーバーストーンは楽ちんですね。

卵がこびりつかない

卵がフライパンに全くこびりつかないのも良かったです。

私が持っているフライパンだと、比較的新しいフライパンはこびりつかないのですが、何年か使ってるものは嫌になるくらいこびりついてしまいます。

それが全くなかったので、料理しやすかったです。

油なしでも具材がスルスル流れるので気持ちが良い

炒める時に油を使わなくても食材がこびりつかずするすると流れるので、料理している私としても気分が良いです。

料理上手になった気持ちがしますね。

フレーバーストーンのチャーハンレシピ/お昼ご飯にいかが

フレーバーストンのチャーハンレシピ

簡単に作れるキムチチャーハンのレシピをご紹介しました。

まあ自己流なのでレシピと呼べるほどのものではないのですが…フレーバーストーンを使うと焦げ付かずに炒められるので、気持ちが良いです。

次は石焼ビビンバなどのレシピにも挑戦してみたいなと思います。

▼焦げ付かないフライパン/フレーバーストーン!焼く、煮る、炒める、蒸す、この1台で可能!オーブン料理も得意

▼焦げ付かない便利なフライパン!お洒落で可愛い

フレーバーストーン ダイヤモンドエディション

//https://www.pc-weblog.com/simplicity-pc-header-slide/