29 January 2021
1度で4品!!ツインシェフを実際に使ってみた徹底レビュー!

ツインシェフを使ってみたレビュー

昨年SNSで超話題になり、しばらく品切れ状態だったショップジャパンのツインシェフ!在庫が復活したので、早速レビュー用に提供して頂きました。

ツインシェフはとにかく見た目がすごいのです。

炊飯器が2つ合体したハイテクマシンで一度に4品作れます!

これは時短生活の救世主になるのか??使ってみた感想を率直にレビューしていきます!

名前もインパクトあるね


【公式】ツインシェフ+フライパンセット2つの鍋でごはんとおかずが1度にできる、自動調理鍋「ツインシェフ」は、操作も簡単!<Shop Japan(ショップジャパン)公式>

ツインシェフの特徴

ツインシェフを使ってみたレビュー

まずはツインシェフてなんぞや?という点を簡単にご紹介します。

1度で4品作れる

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフの売りはなんといっても一度で4品作れることです。

これってかなりすごいですよね。

具体的には、2つの炊飯釜で2品、2つの蒸しプレートで2品です。

1ツインシェフ1つだけで一食分の夕飯がまかなえちゃいます!

ほったらかし調理ができる

ツインシェフを使ってみたレビュー

ボタンを押すだけで後は火加減調節などもせず、ほったらかし調理できます。

火を使わないので、お子様でも簡単に料理することができますよ。

私はよく焦がしてしまうので、目を離していても大丈夫なのは安心です。

ツインシェフの使い方

ツインシェフを使ってみたレビュー

ではツインシェフの使い方をご紹介していきます。

かなり簡単でした。

内鍋と蒸しプレートに食材を入れる

ツインシェフを使ってみたレビュー

2つの内鍋と蒸しプレートにそれぞれ食材をセットします。

食材はMAX線以上入れないでください。

MAX線を超えると蓋が閉まらなくなります。

内鍋と蒸しプレートをセットする

食材を入れた内鍋と蒸しプレートをツインシェフにセットします。

セットしたら蓋を閉めます。

ボタンを押して設定する

ツインシェフを使ってみたレビュー

電源プラグをコンセントに差し込むと電源がオンになります。

まずは調理する鍋を選び、調理のメニューを選択します。

左右の鍋はそれぞれ独立しているので、別々に調理を設定することができます。

片方の鍋が調理中でも、もう片方の鍋を設定できますよ。

しばらく待ったら料理完成!

ツインシェフを使ってみたレビュー

メニューをそれぞれの鍋に設定したら後は待つだけです。

しばらく待てば、自動的に料理が完成します。簡単ですねー

ちなみに、調理をキャンセルする場合は、鍋を選択した後に取り消しボタンを長押しします。

ツインシェフでできるメニュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフでできるメニューはたくさんあります。

  • 炊飯
  • 玄米
  • 炊き込み
  • 雑炊
  • お粥
  • 温め直し
  • 煮込み
  • スープ
  • 蒸しケーキ
  • ヨーグルト
  • 手動

全部で11種類です!!

メニューがない場合は、手動で温度と時間を設定することもできるので便利です。

一通り試してみたくなってしまう

ツインシェフを使っていろいろ作ってみた

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフは見た目がワクワクします。何せお釜が2つついた鍋なんですよ??

物珍しさもあっていろんなものを作ってみたくなっちゃうんですよね。

というわけで、家にある食材を駆使して色々メニューを作ってみました。

肉じゃがと炊き込みご飯

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

はじめに作ったのは肉じゃがです。

じゃがいもに味がよくしみてホクホクで美味しかったです。

電気圧力鍋でもよく肉じゃがを作るのですが、圧力鍋に比べるとホクホク感が強いような気がしますね。

炊き込みご飯は大好きなごぼうと鶏ひき肉が入っています。

炊飯器で作るのとあまり変わらない気がしますが、水の量が少なかったのかちょっと固めでした。でも普通に美味しかったです。

蒸しプレートには菜の花入りの卵焼きとシナモンをかけたりんごが入っています。

卵焼きって割といいアイディアじゃないでしょうか。

中華丼と味噌汁

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフに付属していたレシピに中華丼が載っていたので試してみました。

シーフードがなかったので、ホタテフライで代用です。

野菜にしっかり熱が通って柔らかく食べやすかったですね。

味噌汁もおいしかったです。

ただ圧力鍋で味噌汁を作ると野菜はトロトロになりますが、ツインシェフだと野菜は少ししっかり目の歯ごたえになります。

この辺は好みですね。

蒸しプレートにはセロリとなめこ入り卵焼きが入っています。

セロリはトマトとあえてサラダにしました。

スープと炊き込みご飯

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

カリフラワーのスープに炊き込みご飯です。

カリフラワーってスープにするとおいしいんですよね。

炊き込みご飯はまいたけと油揚げを入れてみました。

この組み合わせ好きです。

蒸しプレートにはにんじん入りの卵焼きです。

にんじんしりしりをイメージしました!

シチューとケーキ

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

だんだんメニューのネタがなくなってきたので、デザートも一緒に作ってみることにしました。

クリームシチューと、デザートのバナナシナモンケーキです。

ご飯と一緒にデザートもできちゃうってレベル高いですよね!!蒸しプレートではきのこのバター醬油と菜の花のおひたしをつくりました。

カレーとご飯

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使ってみたレビュー

これ!1回は作ってみたかったんですよね。

カレーとご飯が同時にできてすばらしい!!ツインシェフの公式ページにもカレーとご飯の写真載ってましたものね。

ツインシェフを使ってみたレビュー

カレーは野菜にしっかり火が通って、柔らかくてとってもおいしかったです。

蒸しプレートではナスの胡麻和えとキャベツ&塩昆布をつくりました。

なすは油で炒めたほうがおいしいのですが、こっちの方がヘルシー!

いろいろメニューを作ってみましたが、やっぱり4品作れるのが楽しいですね。

蓋を開けると4品揃っていて「おおおー」と思います。

ツインシェフって見た目もそうですが、何かワクワクがありますよね。

こんなに作っちゃった、私ってプロ??

電気圧力鍋とツインシェフの比較

ツインシェフを使ってみたレビュー

家にある電気圧力鍋とツインシェフを比較してみましょう。

電気圧力鍋は

  • 調理時間が短い
  • 具材がトロトロになる
  • ツインシェフよりは量が多く作れる

という特徴があります。

一方ツインシェフは

  • 電気圧力鍋と比べると調理時間は長い
  • 具材は圧力鍋よりはしっかりした歯ごたえ
  • 内釜は3〜4人分、蒸しプレートは2人分

という違いがありますね。これは使い分けだと思っています。

量を作りたい時は電気圧力鍋、たくさんおかずを作ったりお米も一緒に炊きたい時はツインシェフという使い方になりそうです。

ホットクックとツインシェフの比較

ホットクックはツインシェフとほぼ一緒ですが、自動かき混ぜ機能が付いていますね。

一方、ツインシェフは調理できる品数が多いです。

私の家には2つともあるので使い分けてはいますが、どちらか一方があれば良さそうですね。

かき混ぜ機能か、品数が多い方が良いのか、ご家庭によって変わりそうです。

ツインシェフのデメリット

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフを使っていて気づいたデメリットをご紹介します。

やはりお高い買い物なので、しっかりデメリットを確認したいですよね。

片方しか使わないとただ場所を取るだけ

ツインシェフは4品同時に調理できるのですが、例えば片側しか使わないとなるとただ場所を取るだけの機械になります。

両側とも使う人にとっては便利な調理器具ですが、

うーん、最終的には片方しか使わないかも

という人は初めからホットクックなどのシングルの調理器具の方が良いでしょう。

圧力鍋より時間がかかる

ツインシェフを使ってみたレビュー

当然ですが、圧力鍋より調理に時間がかかります。

ですので、時短よりはほったらかし調理でたくさんの品数が作れて便利なのが売りです。

時短を期待するのであれば電気圧力鍋の方がお勧めですよ。

メニューに頭を使う

4品作れるのはありがたいのですが、メニューに頭を使います。

せっかくならフルに使って4品を作りたいですものね。

しかし、ご飯を炊かない場合、ツインシェフで作れるおかずを2種類というのは頭を使います。

メニューブックが欲しいですね〜ちなみにツインシェフは炊飯器が2つくっついたマシンなので、炊飯器のメニュー本が参考になるのでは?と思っています。

大家族には向かない

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフは内釜が3〜4人前、蒸しプレートが2人前位の量です。

そのため、家族の人数が多かったり、たくさん食べる家族がいる場合はツインシェフは向かないと思います。

その場合は大きい電気圧力鍋などでがっつり大量のおかずを作るほうがよさそうですね。

我が家はそこまでは食べないのでツインシェフで充分足りそうです。

ツインシェフのメリット

ツインシェフを使ってみたレビュー

デメリットの次はメリットをご紹介します。

4品同時にできるのが便利すぎる

ツインシェフを使ってみたレビュー

何といっても、4品同時にできるのが便利すぎます。

ツインシェフを使うようになって、メニューの品数が増えた気がします。

気軽に蒸し野菜などが作れるので、ヘルシーです。

メニューを考えるのが頭の体操になる

デメリットにも書きましたが4品をフルに使おうと思うと頭を使います。

でもそれが頭の体操になって良いのです!!ジグソーパズルのピースを当てはめていくような感じですね笑

今はレパートリーが少ないので、炊飯器で作れるメニュー本を買ってきてレパートリーを増やしたいと思っています。

品数が増える

ツインシェフを使ってみたレビュー

品数が増えるのは健康的で良いですよね。

特に蒸しプレートで蒸し野菜や蒸しキノコが簡単にできるので、お手軽です。

最初は蒸しプレート使うかな??と思ってましたが、意外とたくさん使っています。

冷蔵庫の残り物を適当に入れるだけで手軽に一品ができますよ。

目を離しても安心なので気持ち的に楽

たまに作業に没頭してしまうと食材を焦がしたり…なんて経験があるのですが、ツインシェフであれば目を離していても大丈夫。

絶対焦がさない安心感がありますね!また予約調理もできるので、お出かけ前にセットして帰ってきたら出来立てを食べる!なんてこともできます!

温度が設定できるので低温調理もできる

ツインシェフを使ってみたレビュー

電気調理鍋なので、温度が手動で設定できます。

そのため、低温調理も可能です。

低温調理と言えばローストビーフ。

今度牛肉を買ってきて作ってみたいですね!

ボタン1つで自動で調整してくれるのがとても便利

ツインシェフにはメニューのボタンがいくつかあって、ボタンを押すだけで勝手に調整してくれます。

火もしっかり通っていて食材が柔らかくなります。

また炊飯と炊き込みご飯が別になっているのも何気にうれしいです。

煮込みやスープのボタンもよく使うので重宝しますね。

ツインシェフに関する疑問・質問

ツインシェフに関して出てくるだろう疑問や質問をまとめてみました。

ツインシェフは4人家族でもOKか?

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフは1人〜4人家族向けだと思います。

ただ、たくさん食べる人がいる場合はちょっと量が物足りないかもしれません。

ツインシェフを使ってみたレビュー

また蒸しプレートの量は2人前位なので、4人家族の場合は蒸しプレートを2つ使うなど工夫する必要があります。

ツインシェフの大きさはどれくらい?

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフは最大4合のお米が炊ける炊飯器が2つくっついたものです。

また蒸しプレートは1つで大体2人前の蒸し野菜ができますね。

ツインシェフが到着する前はかなり大きいんだろうなと思っていましたが、開けてみると電気圧力鍋より横幅が少し大きいかしら?という程度でした。

でもできれば、置き場所を考えてから購入するのがお勧めです。

我が家はまだ置き場所が決まっていないので床に置いています。

ツインシェフを使うと洗い物が減る?

洗い物はそんなに減りませんね。

ただ、大きい鍋を洗うのに比べると、内釜はそれほど大きくないので多少は楽です。

ですが、繰り返しますが洗い物の量的にはそれほど違いはないです。

ツインシェフは炊飯器代わりになる?

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフはバッチリ炊飯器代わりになります。

むしろ、炊飯器として購入する人もいるくらいです。

炊飯器と電気調理鍋が欲しいな〜

と思っている方はまさにこれ以上ないほどお勧めできる器具です。

ツインシェフを使ってみた私の率直な感想

ツインシェフを使ってみたレビュー

では最後にツインシェフを使ってみた私の率直な感想をまとめてみました。

見た目がアツイ

ツインシェフを使ってみたレビュー

正直こんな見た目の調理家電は初めて見ました。

炊飯器が2つ合体してるんですよ??面白すぎます。

なかなか熱いものを感じますね。

最初レビューの話が来た時は、ショップジャパンさんはとんでも家電を作ったんだなぁ…と思っていましたが、届いて使ってみると意外と便利で目から鱗でした。

SNSで人気が出たのもよくわかります。

カレー&ご飯を1度は作りたくなる

ツインシェフを使ってみたレビュー

ツインシェフの公式サイトに写真が掲載されているカレー&ご飯!かなりインパクトがあるので、自分でも作りたくなってしまうんですよね。

カレーとご飯を同時に作る欲張りな願いを叶えてくれるツインシェフ、すばらしいです!!

炊き込みご飯を作りたくなる

ツインシェフを使ってみたレビュー

おかずを2品考えるのが難しい時は、炊き込みご飯を作りたくなります。

炊き込みご飯&おかず1品でしたらメニューを考えるのも楽ちんですものね。

実際私も何度か炊き込みご飯をつくりました!ツインシェフには炊き込みご飯のボタンもあるので作るのが簡単です。

B級感があるが意外と便利だった

ツインシェフはそこはかとなくB級感が漂う調理家電ですよね。

見た目でうーん??と思う人もいるのでは。

ですが、食わず嫌いは良くありません。

実際私も使ってみたらツインシェフの評価がかなり上がりました。

4品作れますし、楽ちんですし、見た目も面白い。

B級どころか一流の調理家電だと個人的には思っています。

最近は電気圧力鍋よりも使っている

ツインシェフを使ってみたレビュー

今までの私は電気圧力鍋をフル稼働させていたのですが、ツインシェフが来てからは物珍しさも手伝ってツインシェフばっかり使っています。

おそらく今後は、量をたくさん作りたいときは電気圧力鍋、品数をたくさん作りたいときはツインシェフと使い分けていくと思います。

ショップジャパンのツインシェフはあると便利な調理家電!

ツインシェフを使ってみたレビュー

ショップジャパンのアツイ調理家電、ツインシェフをご紹介しました。

見た目は面白いですが、なかなか優秀なやつです。

特にカレー&ご飯は一度作ってみたくなりますよね。

炊飯器や電気調理鍋をお探しの方は、チェックする価値のある商品だと思います。

よろぐま
ツインシェフの公式ホームページも見てみてね


【公式】ツインシェフ+フライパンセット2つの鍋でごはんとおかずが1度にできる、自動調理鍋「ツインシェフ」は、操作も簡単!<Shop Japan(ショップジャパン)公式>

//https://www.pc-weblog.com/simplicity-pc-header-slide/