07 September 2018
絶対に軽くて歩きやすい靴がいい!と思っていた私が見つけたフェリシモの「くにゃっプス」

軽くて履きやすい靴

普段履く靴は絶対に軽くて歩きやすい靴!と軽い靴を求めている筆者ですが、この前フェリシモの展示会でとても良さそうな靴を見つけたのでご紹介したいと思います。

特徴はなんといっても軽い&足にフィットする!

フェリシモのロングヒット商品で、累計5万1,000足も売れているそうです。

すごいですね。

今回はこのフェリシモの「くにゃっプス」の魅力をたっぷりご紹介します。

フェリシモの「くにゃっプス」の最大の特徴は「軽い」&「足にフィット」

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

ご紹介する軽い靴は「くにゃっプス」と言います。

くにゃっとしたパンプスから来ているのでしょうね。

そして特徴は軽くて足にフィットする点です。

「くにゃっプス」は軽くて足にフィット!

「くにゃっプス」の軽さを検証してみた

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

軽いといってもどれくらい軽いの?足に負担のかからないほどの軽さなの?

実際のところが気になりますよね。

ちょっと検証してみました。

重さは145グラム!145グラムってどれくらい?

「くにゃっプス」は片足の重さが145グラムです。

持ってみると確かに軽い。

でも145グラムって数字を言われてもピンとこないですよね。

そこで身の回りの145グラムのものを探してみました

・・・これです。文庫本。

コミックスの重さが144gでした

「くにゃっプス」はだいたい文庫本1冊くらいの重さなんですね。

たった本1冊だけ…と考えると軽い感じがしませんか。

ほかの靴と比べるとどれくらい軽いの?

145グラムが軽いということは分かりましたが、他の靴と比べてみるとどうでしょうか。

そもそもほかの靴ってどれくらいの重さがあるのでしょう。

ちょっと我が家にある靴を測ってみました。

サンダルの重さシューズの重さブーツの重さ
256g242g292g

サンダル:256グラム
シューズ:242グラム
ブーツ:292グラム

まあもともと私があまり重い靴は好きではないので、あからさまに重いものはありませんが、それでもほかの靴よりは、「くにゃっプス」が軽いということはわかるかと思います。

何も履いていないくらいの感覚

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

実際に展示会で「くにゃっプス」を履いてみました。

軽くてフィットするので靴を履いてることを忘れてしまいそうです。

いいですねこれ。

我が家の軽い靴コレクションに加えたいです・・・

「くにゃっプス」の足へのフィット感を検証してみた

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

次に「くにゃっプス」の足へのフィット感も検証してみました。

フェリシモの社員さんに手伝っていただきながら、「くにゃっプス」を曲げたり伸ばしたりしてきました。

「くにゃっプス」はよく曲がる

「くにゃっプス」はよく曲がります。

素材がしなやかなんですね。

どれくらい曲がるかというとこれくらい!

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

こんなに曲がる!

すごいインパクトありませんか?

よろぐま
もちろんこんなに曲げてもちゃんと戻りますのでご安心を。

「くにゃっプス」はよく曲がってしなやかなので足がどんな動きをしてもしっかりフィットします。

「くにゃっプス」はよく伸びる

「くにゃっプス」は履き口のところがよく伸びます。

平ゴムで覆われているからですね。

実際伸ばしてみました。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

グイーン。

このゴムが足を包み込んでくれるので、どんなに歩いてもズレないんです。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

サイズ大きめにしてもフィットしてカパカパしない

私は普段22.5から23センチくらいなのですが、23.5センチの靴も履いてみました。

大き目の靴を履いてみたというわけですね。

そうすると足の指部分は緩くて指が自由に動かせるにもかかわらず、ちゃんとフィットするんです。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

例えば少し大きめの靴で、こんな体制をとってもカパカパしません。

普通は少し大きめの靴だったらカパッとしますよね。

すごいなぁと思います。

「くにゃっプス」は脱げにくい

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」を実際に履いていろいろ動いてみてもとてもフィットするのでちょっとやそっとのことでは脱げません。

(もちろん自分で脱ぐときには簡単に脱げますよ)

ですので、ちょっとつまずいて靴脱げちゃった…なんてことは起こらなくなりそうです。

クッションがよく効いている

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」の中敷きには、アスリート用のクッション素材が利用されています。

フェリシモの社員さんが調べて名前を教えてくれたのですが、スポーツシューズにもよく使われる「ラテックス」という素材が使われているんですよ。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

ラテックス

このクッションが足の裏の形状にぴったり合うので、歩く時の負担が減ります。

「くにゃっプス」の軽さ&フィット感は本物!試してみる価値あり

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」を引っ張ったり伸ばしたり、実際に履いてみたりでいろいろ試してみましたが、「くにゃっプス」の軽さ&フィット感は本物だと思います。

さすが累計5万1,000足を売り上げたロングラン商品です。

歩きやすい靴が一足欲しいな~

という方は試してみる価値は充分あります。

ほかにもある!「くにゃっプス」の魅力

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」の軽さとフィット感に重点を置いてお伝えしましたが、他にもたくさん魅力はあります。

まとめてご紹介しましょう。

底が滑りにくくなっている

底にゴムの滑り止めがしっかり付いていますので、底が滑りにくくなっています。

靴の底のピンクの部分がゴムになっているのですね。

これによって、より歩きやすくなります。

かかとまでカバー&かかと潰してはいても大丈夫

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」はかかとの部分がすっぽり覆われる設計になっています。

かかとってよく靴擦れを起こしやすいところでもあるのですが、しっかり覆われていると足を守ってくれそうです。

また、フェリシモの店員さん曰く「かかとを潰してはいても大丈夫です」とのこと。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

しなやかなのでつぶして履いても元に戻るのだそうです。

急いで出るときにつっかけみたいな感じで使うこともできるのですね。

動きやすいのにかわいいデザイン

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

機能性を重視すると、どうしても野暮ったくなりがちです。

ですが「くにゃっプス」はしっかり可愛いのです。

もちろん服のコーディネートに合わせてオシャレも楽しめますよ。

リボンが付いていて女性らしい丸いフォルムなのもいいなぁと思います。

お洒落で歩くのが楽しくなりそう

新色が6色登場(2018年から)

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

「くにゃっプス」は今まで黒色中心だったようですが、2018年から新しく新色も発売されました。

全部で6色です。

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス
シャンパンピンクレッド
軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス
ベージュネイビーブラック

全部見せてもらいました。

赤やピンクはフェミニンな感じがしますね。

シャンパン色も使いやすそうです。

これだけあると

どの色にしようかなぁ??

と迷っちゃいそうですね。

軽くて歩きやすい靴を探し中の方全てにオススメしたいフェリシモの「くにゃっプス」

軽くて歩きやすいフェリシモのくにゃっプス

フェリシモの展示会で発見した軽くて歩きやすい靴「くにゃっプス」をご紹介しました。

フェリシモの社員さんに話を聞けば聞くほど機能性が高く賢い靴だということがわかリました。

私も一足欲しくなっちゃいます。

軽くて歩きやすい靴、でもかわいい靴がいい!

という方には絶対にお勧めできます。

気になったらチェックしてみてくださいね。

新色もほんとに可愛いですよ。

//https://www.pc-weblog.com/simplicity-pc-header-slide/